不思議な力

私と母と息子の親子三代で、息子の進路に関して家族会議をした。

学費とか就職率とかの数字で決めるのはやめよう。
計算ではなく、純粋にどの学校に行ったらワクワクするのか。
それで決めよう。

結果、ほどなくして満場一致であっさり決まった。

願書を書くにあたり、志望動機をどうやって書いたらいいのか悩んでいる息子に、あれこれインタビュー。

なぜそのキャリアを選ぼうと思ったのか。
どうしてそれが好きなのか。

息子にとっては自然すぎて、改めて考えたり言語化してこなかったこと。
私も今まで聞いたことがなかった、彼の世界。

いくつかの問いの先にあった彼の答えは、私には意外なものだった。

「人を癒すようなものを創りたい」

なんだ、そうか。
表現のツールは全然違うけど、根っこは私と同じなのか。
なんだなんだ、やっぱり親子なんだな。
そういえば、うちの母も同じだな。

結局、親子三代、目的は同じじゃないか・・。

なんだ、そうだったのか・・・。

そのことに気づいた時、不思議な感覚に包まれた。
そして、妙な納得感もあった。

私が人生を諦めていた頃に、生まれてきた息子。
諦め切る暇もなく、とにかく生きるしかなかった。

あれから17年も経ち、これまで頑張って働いてきたから、そろそろ隠居してもいいかなと枯れかけていた私に対し、

自ら夢を追いかける姿を見せ、

私の目を覚まし、新たな生きる目的をくれた。

そうか。枯れている場合ではなかった。

私はもっと働こう。もっと生きよう。

諦めるのは、まだ早かった。

いつもいつも、ものすごいタイミングで現れる息子。
その存在で、私を生きる方向へと突き動かす。
一体どんな縁なのだろう。

子供は親を助けるためにやってくるという。

それは本当で、神様はいるのだと思う。

70を過ぎたうちの母が、なんだか張り切っていた。

孫の夢に触発され、生きるモチベーションが湧いてきたのだ。

私達も親にとってのそういう存在だったのかもしれないと、その可能性を知る瞬間。

ワクワクは確かに伝播する。

夢はそれ自体がエネルギーだから。

夢が宿り、
その夢を自分が守り通して、
世の中に出す。分かち合う。

そうすると決めるのは、自分自身しかいない。

恐かったり、迷ったりして、決められない時もある。

けれど不思議な力は、偶然を装いつつ

ちゃんと意味ある場所に、私達を連れて行ってくれる。

静かに、優しく、

生きろ

と促す。

人生とは、生きるとは、

なんて不可思議で

神秘に満ちているのだろう。

そして私達をいつの間にか生へと運び押し流すその潮流は、

誰かの夢だったり、希望だったり、想いだったり、信じる気持ちだったり、

それらの目に見えない力が根底にあるのだと思う。

いつかの誰かが注いだからこそ生まれる、その潮流。

こうしてその恩恵を受けられることの、幸福。

そのことに深い感謝の想いを馳せ、

私もまた、その太古の流れの中に入っていこう。

失うものなど、何もないのだから。

世界の意識が変わる時

先日、神学を教えている友人の出版記念講演会に行ってきました。

キリスト教のことも聖書のことも、知識はほとんどゼロの私。難しいことはわかりません。

それでも、

絶望の中にこそ神がいること。

イエスは抑圧された者と共に生きること。

そして、抑圧し合うのではなく、抑圧から自らを解放することで、自由と平和を実現していくこと。

それは私の癒しへの想いともシンクロしていて、心を動かされました。

愛が世界の意識を変える

2000年以上前から始まっているそのプロジェクトは、決して派手ではなく、自らと向き合う地道で孤独な作業であり、

闇に光をあてる道であるが故に、その入り口は狭き門なのかもしれません。

それでも、意識を変えるプロジェクトの伝道師であり、革命家のひとりである友人の発する、

誠実さと真摯さと、

静かな情熱のエネルギーに触発されて、

こうして誰かと出会えることの尊さと、

想いに触れそれを共有し合えることの奇跡と、

そんなことを感じて、また少し目が開いたような気がしてます。

あたたかな手

自分の今後についてカードリーディングをしていた時のこと。

カードからのメッセージはこうだった。

「あなたのスピリットの光が消えかけています。

疲れていて、でもあなたはそのことに気づいてすらいないかもしれません。

ガソリンが切れそうになっているので、補給してください。

手を伸ばし、誰かに愛や支援を求めてください。

マッサージを受けることや、温泉に浸かること。公園に行くことやペットと遊ぶこと。

それを自分でやるのではなく、誰かにあなたのバランスを元に戻してもらってください。

誰かにあなたを満たしてもらうことは、あなたの助けとなるばかりではなく、

世界を満たすことになるのです。」

自分から何かをしたり、進んで仕事をすることならできる私は、

人に頼んだり、ましてや愛や支援を求めることはあまり得意ではない。

(女王様のように上から目線で指示や命令をすることはあるとしても・・・。)

それ、苦手なやつやなぁ。でも、気づいていないというところは当たってるなぁ。

と思った私は、近くにいた息子に頼んでみることにした。

「お母さん疲れてるみたいだから、手を揉んでもらってもいい?」

larm-rmah-219228-unsplash

続きを読む“あたたかな手”

春と変容

この春から高3になる息子が、週2でバイトを始めた。

早朝のオフィス清掃の仕事。昨日も4:50起床で家を出ていった。

学校に支障がないよう、その仕事を選んだのだ。

中学の時は不登校気味で、テストもほぼ受けていないから、成績は惨憺たるもの。

昼夜逆転生活が続き、朝寝て夕方に起きるような日々。

昼夜問わずオンラインゲームばかりやって、私ともよく喧嘩をした。

そんな状況下で、私は息子の将来に希望を見出すことができなかった。

けれどその後の様々な紆余曲折を経て、

今は学校が楽しいと言って、春休みでも毎日学校に行き制作にいそしむ。

将来やりたいことが明確に決まっていて、ひとりで志望校のオープンキャンパスにサクサクと出かける。

去年栃木から東京までの100キロを自転車で家出して、そのまま東京に置いてあった自転車も、先日の週末にひょいと乗って、10時間かけて栃木に戻って来ていた。

そしてこの春、バイトまで始めた。

息子の活躍ぶりに、母は色々と追いつかない。。

同じ人とは思えないし、一体息子の内面でどのような変容が生じたのだろう。

こんな日が来るなんて夢にも思わなかった。

続きを読む“春と変容”

友と祈り

とある気になる出来事があり、親友にメッセージで相談していた時のこと。

その友は、私以上に立腹し、親身になってくれる、正義感の強い人であり、

友情に篤い、私の大好きな友である。

そして、メッセージでのやりとりが続くなか、

友が想いを寄せ合っている人の話になった。

彼らの間には幾多の越えなければならない問題がある。

彼女の

「だから彼のことが今も好きなんだと思う私は。

私が私らしく善人でいられる、彼のそばだと。

自分の好きなことにすごく真っ直ぐな私でいられるんだよね。」

という言葉を読んだ時、

その真実が

ピュアな波動が

まっすぐな想いが

ふいに私の心を貫いて

ハートがじんとして、

震えた。

彼女がどんなにか彼のことを好きなのかが、

その言葉から

波動から

切ないほどに伝わってきたからである。

私は彼女のその想いに胸うたれ、

思った。

どうして想い合っている2人が、色んな回り道をしなくてはならないのだろう。

神さま、もういいではないですか。

そろそろ2人を幸せにしてあげてください、

と。

そのあと堰を切ったように、

悲しみが溢れ出し、

そして、とある映像がどっと心に流れ込んできたのである。

続きを読む“友と祈り”

I’m sorry

私が元パートナーの仕事の都合でアメリカに半年間移り住んだ時のこと。

向こうに行ってすぐに、パートナーは私を置いて日本に戻らなければならなかった。

だから私は身重の体で、1か月間ひとりで異国に暮らすこととなった。

ひとりになった日に、アメリカ人の友人が電話をかけてきてくれた。

そして彼女から「I’m sorry」と言われた時に、

私はどうして謝られたのかわからずに、戸惑った。

その友人は、パートナーの帰国とは何の関係もなかったからである。

後で調べると、「I’m sorry」には「ごめんなさい」という意味の他に、

「お気の毒です」とか、「あなたのお気持ちをお察しします」などの、

相手の不安や悲しい気持ちに共感し、

寄り添う意図で使われる表現があることを知った。

私は、この「I’m sorry」という言葉の意味である

「ごめんなさい」と「お気の毒です」の間に、

大きな隔たりと、それに対する疑問を感じたが

その謎は解けないままに、

いつしか日々の喧騒の中に埋没していった。

しかし、先日あることをきっかけに、ふいにその謎が解けたのである。

長い時を経て。

続きを読む“I’m sorry”

世界はあたたかく、そして潤っている

私はずっと自分は応援をもらえないタイプだと思っていたから、

人からの応援に頼らないで済むように、当てにしないで済むように

何でもひとりでやろうとしていた。

そして、恐いと思っていることも、

ひとりで処理しようとしていた。

人に頼らずに。

そしていつも大丈夫なふりをしていた。

内心大丈夫ではないけど、

当てにしても仕方ないし、と

どこかで思っていた。

でも先日、恐いと思っていることを

恐いって言って、

どう恐いのかも話して、

応援して欲しいって言ったら

思いがけず沢山の応援がきた。

私は弱っていたから、

みんなのその気持ちがとても心に沁みて

涙が出た。

ありがたかった。

みんなの応援はこんなにあたたかくて、ありがたくて

凍った心を溶かすのだ

乾いた心を潤すのだと

知った。

そして気がついた。

私がこうやって受け取ることを

していなかっただけなんだって。

そもそも、くださいって

言ってなかった。

ずっとオアシスから遠いところで

喉をカラカラにしながら

神様に雨乞いをしていただけだった。

でも、そんなことをしなくても

みんながいるところに行って

お水を分けてくださいって

素直に言えていたら

みんなこんな風に

あたたかい気持ちで

お水を分けてくれていたのに。

それをただ信じるだけで良かったのに。

私はだいぶ遠回りしてしまった。

続きを読む“世界はあたたかく、そして潤っている”

年の瀬の空港にて

見送りのために久しぶりに空港に出向いた。

年の瀬なので、実家に帰省するらしき家族連れや、どこかに旅行に行くらしき人々がたくさんいて、活気に満ちている。

その光景を眺めながら感じるのは、

家族をゆるやかに包むその連帯感や暖かさ、
夫婦がお互いの家族と繋がることで世界が広がるその楽しさや、

まるで足し算ではなくかけ算のように、思いがけず大きく世界が展開していくその可能性。

と同時に、

どこか役割やしがらみの気配を湛えた、
ある種の気だるさや息苦しさ
そしてそこはかとない閉塞感や諦めのようなもの。

シングルであればひとりの自由を謳歌していて、それがとても眩しく見える一方で、

どこか漂う所属感のないよるべなさ。

みんなそれぞれに幸せと、

現状のどうしようもなさみたいなものを抱えていて

それらはどうしようもないが故に言葉になされないままに

そこここに漂っている

と、そんな風に感じながら歩いた。

続きを読む“年の瀬の空港にて”

17歳たちの肖像

息子の17歳の誕生日に、息子のクラスメイト3人が泊まりで遊びにきた。

みんな初めて会う子たち。

話には聞いていたけど、イメージしていた以上の素敵な個性の持ち主達で驚く。

美しい風景に出会うと、携帯ではなくカメラを取り出して撮る。全員がカメラの授業をとっていて、プロとして活躍している先生の影響を受けているからだ。

空の美しさに敏感。

アーティスト気質。

話がおもしろい。ボケ方もみんな個性があって楽しい。

公園でキャッチボールしたり、ピザパーティをして、みんなでハッピーバースデーを歌いながらケーキのロウソクを息子が吹き消して、それを動画に撮って爆笑。

そのあとお風呂に行ったりと、

やや大人の忘年会のような様相を呈しつつも、

色んな刺激をもらえて楽しかった。

若い人のエネルギーや新しい文化に触れると、元気になれる。

しかし、17歳たちは、実にピュアでフレッシュだけれど、その人生は順風満帆そのものというわけではない。

 

続きを読む“17歳たちの肖像”

ゴメンとありがとう

1年くらい仲違いをしたままになっていた人に、昨日メールをした。

私のこれからのことと、そのことに関する不安を伝えて応援して欲しいとお願いする旨のメールだ。

ここだけの話、仲違いをする直前、私は彼のことを罵ったし

怒っていたし

恨んでいた。

だから私のこれからのことなんて、絶対に教えてやらないという

ものすごくひとりよがりな、しかも相手には大した痛手もないという復讐を企て

密かに続行中だったのである。

しかし、この台風の低気圧で寝込み、モヤモヤが止まらない私は、

何をやり足りてないのか

私を突き動かすモノは一体何なのか

モヤモヤざわざわしながら考えに考え、ジダバダしまくり、

彼とのことに思い至ったのである。

そして上記の旨を伝える、3行足らずのシンプルなメールをした。

続きを読む“ゴメンとありがとう”